Daily Life 読書

読書が疲れる原因は?対策をして読書の質をあげる!

 

悩んでる人

読書をしているとだんだん疲れてくる…疲れが取れるおすすめの方法は?長く読み続けるにはどうしたらいいの?

 

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • 読書につかれる原因
  • 読書疲れを回復させるおすすめの方法
  • 長時間読書を続けられる方法

読書をするとだんだん疲れてきませんか?

疲れた途端に集中が切れて内容が入ってこなかったり、いつの間にか違うことを考えていたなんてことも。

 

なおき

僕は疲れると完全に内容が入ってこないタイプです。

 

しかし疲れる前にある対策をすることで、疲れが感じにくくなり長く読み続けることができるんです。

本記事で読書疲れの原因と対策を知って、読書生活を充実させて行きましょう!

 


疲れの原因は脳や目などの体の疲労

 

読書に疲れる最大の原因は、何と言っても脳や目などの体の疲労からきています。

まず読書の状況を振り返ると…

  • ほとんど同じ姿勢
  • 文章(文字)を見続けている
  • 本の内容理解

ここから生まれる疲労は3つ。

  • 首、肩、腰の疲労
  • 目の疲労
  • 脳の疲労

1つずつ解説していきますね🙋‍♂️

 

首、肩、腰の疲労

長時間同じ姿勢でいると体の血行が悪くなります。

そうすると痛みや不快感を生み出す物質が生成されるため疲労感を感じるのです

特に体この3つは痛みを感じやすい場所です。

 

ばーなま

肩こりがひどい人に長時間読書は辛いね。

 

目の疲労

文章を読むには長いこと目を駆使するので痛みが出ることも。

また本との距離が近いと眼の筋肉が緊張状態となりかなりの負担がかかっています。

 

ばーなま

スマホやパソコンにも言えるね。

 

目が痛い、重たい、ぼやける、ショボショボして開けられないなど症状は様々です。

十分な睡眠をとって回復するのなら問題ありません!

しかしそれでも痛みや頭痛がある場合は眼精疲労の可能性が。

(後ほど詳しく説明するのでこのまま読み進めてOKです)

疲れ目は誰でも経験しますが、人によっては肩こりやめまいなどにもつながるそう😱

 

脳の疲労

読書は目で見た内容を理解するために脳を使っています。

目と同様、脳も駆使することで疲労感を感じるんです。

また読書は目を動かすこと、本を持つこと、同じ姿勢を保っているという観点から自立神経をかなり使う行為なのだそう。

自律神経の疲れは脳への負担が一番大きいので疲れてしまいます。

 


読書疲れにおすすめの対策

ここからは上記3つの疲労回復におすすめの方法を紹介します!

首、肩、腰の疲労の対策

体の筋肉が固まって痛みを感じる前に軽くストレッチをしましょう

ポイントは30分に一度すること。

首をゆっくりと回す、肩を回す、腰をひねる&曲げるなど学生の頃に体育でやっていたような体操をすればOKです🙆‍♀️

読む体勢もこまめに変えてみましょう。

 

目の疲労の対策

目の疲れが一番厄介な気がします。

僕は目が疲れて、目の奥の痛みと共に頭が痛くなります😅

そんな僕に効果があった方法はこちらの2つ。

①遠くを見る

読書の合間になるべく休憩をし、遠くを見るようにしてください。

読書で固まった目の筋肉をほぐす感じです

目をくるくる回したり、パチパチして動かすのもいいでしょう。

 

②Amazonオーディブル を使う

「それでも目が疲れる」「目が悪くなりたくない」という方にはAmazonオーディブルを使うことをおすすめします。

このサービスは音で本が聞けるので目の疲れとは無縁😊

実際に使ってみて、本を持ち運ばなくてもいいし場所も選ばないので読書の習慣化につながりました!

 

〈眼精疲労について〉

睡眠をとっても目の疲れが取れないとお困りの方は眼精疲労の可能性があります。

目は一生物なので大事にしたいところ。

セルフチェックで疑いがあったら早めに眼科に行きましょう。

こちら(外部リンクに飛びます)から症状や対策を確認できます。

 

脳の疲労の対策

脳の疲労には「こまめな休憩」が一番効果的です。

先ほども言ったように読書はあらゆるところから脳の神経に負担をかけています。

体、目を休憩させることは脳の休憩にもつながるということ。

「疲れた時には甘いもの」というのをよく聞きますよね。実はこれはあまりお勧めできません。

なぜなら血糖値を急激に上げてしまう糖分は、下げようとしたホルモンにより余計に眠気や疲労を感じさせてしまうからです。

一時的なリラックス法としてチョコレートひとかけら程度なら問題ないですが、それよりも果物やナッツ類を食べたほうが疲労には効果的です

 

まとめ

読書はかなり疲労を伴うもの。

やる気があるのに疲れに邪魔されるのはもったいないので、こまめな休憩や今回紹介した対策を取り入れてうまく本と付き合っていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました😊

 

スポンサー広告

-Daily Life, 読書

© 2021 Ba-nama Blog Powered by AFFINGER5