Travel ばーなま旅行記

カップルがおすすめする銀山温泉、「藤屋」旅館で過ごす非日常旅

 

ばーなま

今回はカップルにおすすめの旅館「藤屋」のご紹介です!

 

私たちは今年の冬、山形県尾花沢市にある銀山温泉に行きました。

そこで宿泊した「藤屋」という旅館が本当によかったので紹介します!

私たちが感じた銀山温泉の魅力やカップルの旅行におすすめな理由も紹介するので是非最後までお付き合いください!

 


大正時代を思わせる「銀山温泉」

この景色、一度はどこかで見たことがありませんか?

銀山温泉は山形県尾花沢市の山奥で、まるで別世界のように広がっています

温泉街の真ん中を通る銀山川に沿って宿が並び、通りには古民家カフェや小さな足湯、食べ歩きグルメもあるので十分に観光できました。

 

ばーなま

都会から離れた大正レトロな雰囲気が本当に落ち着きますよ😌

 

 


歴史ある高級旅館「藤屋」

私たちが泊まった「藤屋」は学生の私たちからしたらかーなーり、高級旅館でした(笑)

それでも値段以上の価値があったとはっきり言える旅館です。

「非日常」をコンセプトにした空間で、お部屋・お風呂・お料理どれをとっても私たちの日常から離れた素敵な時間でした。

 

 

ばーなま

それでは私たちの旅の時系列とともに、おすすめポイントを紹介していきますね!

 

 

大学生カップルが感じた藤屋の魅力①:こだわった美しい外観・内観

まず、藤屋の外観・内観はこんな感じです。

外観(夜)

ロビー

旅館は温泉街のちょうど真ん中に位置しています。

他の旅館と違って洗練された雰囲気が際立っていました。

実はここ、有名な建築家・隈研吾さんがデザインされた旅館なんです。

 

ばーなま

この方の存在は知らなかったのですが、福岡県太宰府にあるスターバックスや東京オリンピックの会場などをデザインした方ということで驚きでした(笑)

 

中はどこもあたたかい光の色で、綺麗な写真がたくさん撮れますよ😆

ロビーでチェックインをすると、ドリンクとお茶菓子の嬉しいサービスがありました!

(食べかけ失礼します💦)

 

大学生カップルが感じた藤屋の魅力②:3タイプある、全8室が街並みに面した静かな客室

チェックインが終わっていよいよお部屋に入ります。

「藤屋」の客室は3つのタイプがあり、それぞれの違いはプライベートバス付であるか、和室または洋室であるかなどです。

 

Aタイプ

平日料金(税抜)

  • 3名様/1室:一人あたり46,000円
  • 2名様/1室:一人あたり48,000円

休前日料金(税抜)

  • 3名様/1室:一人あたり48,000円
  • 2名様/1室:一人あたり50,000円

Bタイプ

平日料金(税抜)

  • 3名様/1室:一人あたり33,800円
  • 2名様/1室:一人あたり35,800円

休前日料金(税抜)

  • 3名様/1室:一人あたり35,800円
  • 2名様/1室:一人あたり37,800円

Cタイプ

平日料金(税抜)

  • 3名様/1室:一人あたり27,800円
  • 2名様/1室:一人あたり29,800円

休前日料金(税抜)

  • 3名様/1室:一人あたり29,800円
  • 2名様/1室:一人あたり31,800円

※詳しくは公式サイトをご覧ください。

 

藤屋が湯治旅館であった頃からの変わらぬおもてなしの心と、平成の世で「天晴れ」といわれるようなおもてなし・・・と模索していた七代目が、旅館リニューアルと共に“非日常”というコンセプトを打ち出しました。この“非日常”というコンセプトの下、おもてなし、御部屋、御料理を演出するのがこの藤屋御泊スタンダードナンバーです。

出典:藤屋公式サイト

 

私たちは「Aタイプ」の特別室「S300」というお部屋に宿泊しました。

 

今回宿泊した特別室「S300」の部屋

 

 

ばーなま

一泊10万はほんとに学生が泊まるとこじゃない・・・(笑)

 

ここで注意すべき点が一つ。

銀山温泉の旅館の中でも「藤屋」はかなり人気の旅館です。

なので早めの予約が必須となります。

 

ばーなま

私たちは3か月前に予約してやっと部屋が取れました!

 

なにか特別な日に間に合わせたいという方は特に早めの予約をおすすめします。

 

\予約サイトからの予約でGo Toキャンペーンを利用しよう!/

藤屋のご予約サイトはこちら

 

 

 

一日一組限定の最高ランクSクラス

そして藤屋にはもう一つ上のプランがあります。

それがSクラスです。

Sタイプ

平日料金(税抜)

  • 2名様/1室:一人あたり49,800円

休前日料金(税抜)

  • 2名様/1室:一人あたり51,000円

 

※2020年8月現在、このプランは休止中です。

 

※詳しくは公式サイトをご覧ください。

この藤屋Sクラスは、 ワンランクアップのおもてなしをご提案するプランです。 お二人をお迎えする、藤屋の御部屋、御料理、演出のコンセプトは“非日常”。ゆったりとした時が流れる異空間に2人だけの特別が育まれますよう、スタッフ一同でバックアップさせていただきます。

出典:藤屋公式サイト

Sランクの部屋

部屋は私たちが宿泊した特別室「S300」と同じようです。

ただ他のプランよりチェックインが一時間はやかったり、チェックアウトが一時間おそかったりと、いくつかの特典があるみたいです!

 

ばーなま

Sクラスも是非堪能してみたい!

 

 

大学生カップルが感じた藤屋の魅力③:5つの趣ある貸し切り風呂

チェックインが15時だったので、夕食の時間までにお風呂に入ろうということに。

プライベートバスもありましたが、まずは「藤屋」自慢のお風呂が気になって仕方ありませんでした😂

私たちが「藤屋」を選んだ理由のひとつ、それがお風呂!

ここにはお風呂が5種類あるのですが、なんと24時間好きなときにプライベート空間と化すことができちゃいます。

 

 

お風呂の種類

ひばのお風呂/出典:藤屋公式サイト

石のお風呂/出典:藤屋公式サイト

地下のお風呂/出典:藤屋公式サイト

竹のお風呂/出典:藤屋公式サイト

半露天風呂/出典:藤屋公式サイト

 

ひとつひとつが違った魅力を推していて、ゆったりした良い時間を過ごせました。

気に入ったところは「明日の朝、また入ろう!」と決めてました(笑)

この時期コロナを思うと大浴場は少し怖いですよね…

でも「藤屋」は客室が8つと少なく、お風呂が貸切にできるので人と接する心配はいりません

 

ばーなま

私たちもチェックインの時間帯以外、旅館内で人と会うことはほとんどありませんでした。

 

完全なプライベート空間を味わいたい方には、まさにぴったりです!

 

大学生カップルが感じた藤屋の魅力④:ここでしか味わえない非日常で豪華な懐石料理

「藤屋」は基本的にはお部屋で食事を楽しみます。

時間になるとお部屋まで運んできてくれました。

懐石料理

前菜

 

岩魚化粧焼

鴨鍋

尾花沢牛ステーキ

 

デザート

 

「少しでも安く泊まりたい」「お酒を呑みたいから料理は少しがいい」

という方のための御食事プランもあるみたいですが、

私たちのような食べ盛り(そんな時期もう終わってるはず)の方や「せっかくだから美味しい料理でお腹いっぱいになりたい!」という場合には断然スタンダードプランの食事がおすすめです!

 

写真にはないのですが、豪華なお刺身や茶碗蒸し、蕎麦、果物などこれでもかというほど豪華な懐石料理が運ばれてきました。

 

そしてガス灯がついて良い雰囲気の温泉街を見下ろしながらの食事は最高すぎました…

 

ばーなま

二人ともかなり大食いなんですが、それでもお腹がはちきれそうな程ボリューミーです!

 

どれだけお腹に限界が来ていても、美味しすぎて食べられちゃうんですよね(笑)

しかも懐石料理って、いくつかはクセがあって食べられないイメージありませんか?

「藤屋」の食事は、わりと好き嫌いあるなお子様舌のなおきでも

 

なおき

全部美味しすぎる…

 

と感動して完食していたので、そんな心配もいりません。

 

大学生カップルが感じた藤屋の魅力⑤:毎日食べたい理想の朝食

夜に引き続いて、朝はとっても豪華な朝食が部屋に運ばれてきます。

「毎日これがいい〜」って言いながら食べていました(笑)

奥にある湯豆腐は温泉街にある「野川とうふや」のお豆腐

前日旅館に入る前に食べていて、また食べたいねと話していたところだったのでまた会えたことが幸せ!

 

ばーなま

そして朝の温泉街は人が少なくて静か。

 

優雅な時間を過ごせました😁

10時のチェックアウトです。

その後は好きなだけ温泉街を楽しめました。

温泉街周辺の観光についてはまた別の記事で詳しく書きたいと思っているので、お待ちください🤗

 

大学生カップルが感じた藤屋の魅力⑥:藤屋宿泊者に最高の特典、無料送迎!

気になるアクセスについて…

 

ばーなま

私たちは行きも帰りも車で送っていただきました!

 

「藤屋」では電車でいく場合、最寄りの「大石田駅」との間を無料で送迎してくれるといいうありがたいサービスが!

私たちの場合「藤屋」を予約した後日、電車の到着予定時刻を電話で聞かれ、その通りに動くだけでした。

 

ばーなま

帰りについては食事を運んでくれたときに出発の時間を聞いてくださいます。

 

チェックアウト後の観光時間を大体見積もり、時間を伝えればOKです!

旅行において、アクセスが面倒なのはわりとストレスですが…

「藤屋」に任せておけば安心だったので最高にスムーズでした!

 

最後に・・・

 

銀山温泉で泊まった「藤屋」のおかげで一生の思い出に残る時間が過ごせました

宿にお金をかけたのは初めてでしたが、それ以上に価値のあった旅館です

「大切な人と、人目を気にせずゆっくりしたい」

「特別な日にちょっと贅沢な旅がしたい」

こんな方達にぜひおすすめしたい旅館、「藤屋」の紹介でした。

 

ばーなま

ご予約はお早めに!

 

 

\予約サイトからの予約でGo Toキャンペーンを利用しよう!/

藤屋のご予約サイトはこちら

 

 

スポンサー広告

-Travel, ばーなま旅行記

© 2021 Ba-nama Blog Powered by AFFINGER5